耐候性大型土のう協会

土を1m³中詰めしたい場合には 「耐候性大型土のう」を使用してください!

土を1m³中詰め2ヶ月以上設置するなら・・・耐候性大型土のう

1tバッグに1t 以上中詰め していませんか?

1tバッグは、最大充填質量1tを想定して製作されています。容量が1m³あるから… と、
土を1m³中詰めすると、約1.7tとなり質量オーバー!
安全に使用できない恐れがあります。

耐候性大型土のうなら、最大質量2tまで充填できるため、土を1m³(約1.7t)中詰めしても安全に使用することが可能です。

最大充填量1000KG

1tバッグを2ヶ月を越えて使っていませんか?

1tバッグは、屋外での使用を想定して製作されていないため、設置して2ヶ月以上経過すると、袋に 破れが発生し、撤去時に安全に吊り上けられない可能性があります。

平成16年7月発生の福井豪雨後に設置。3ヶ月後の平成16年10月に撮影。

耐候性大型土のう(3年対応品)であれば、設置して最長3年後でも安全に吊り上げて撤去できます。3年以内であれば、転用も可能です。

ニュース&トピックス

2018年11月

会長前田尚宏が退任、新会長に南本政司が選任されました。
協会概要:役員名簿を更新しました。
2018年9月




当協会は、事務局を移転いたしましたので、
下記のとおりお知らせいたします。
新事務所  東京都港区芝公園2-4-1
          芝パークビルA館12F 前田工繊株式会社 内
          TEL:03-3578-3250
2018年6月




前田工繊(株)
耐候性大型土のう ツートンバッグ オールグリーン
BOS-20N-3GPが
(一財)土木研究センターの性能証明を受けましたので
耐候性大型土のう協会認定品とし、認定証を発行しました。
2018年5月
協会概要:役員名簿を更新しました。
2017年10月

(一財)土木研究センターより「耐候性大型土のう積層工法」設計・施工マニュアル[改訂版]が発刊されました。
2017年5月






日本マタイ(株)
耐候性大型土のう MKバッグ
MARSOLP900H3 (長期仮設3年対応)
及び
  MARSOLP300H3 (短期仮設1年対応)が
(一財)土木研究センターの性能証明を受けましたので
耐候性大型土のう協会認定品とし、認定証を発行しました。
2017年4月



協会事務局の電話番号が変わりました。
TEL 03-3669-0205
「除染用詰替え袋技術協議会」の賛助会員となりました。
2017年2月
協会概要:役員名簿を更新しました。
2017年1月
協会認定品 性能評価取得一覧表を更新しました。

ニュース&トピックス一覧へ

ページの先頭へ